So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

パリ市内の移動 [旅’17]


 ここ数年、パリ市内の移動は自転車が多くなってきました。Vélib'という市内レンタル自転車を使うようになりました。不思議な言葉ですが、フランス語でvélo(自転車)とliberté(自由)を繋げた造語のようです。「自由に自転車で動き回る」という意味でしょうか。

 料金が安いのと、時間の拘束があまり無い、というのが利用するきっかけでした。1日券(24時間)が1.70€。30分なら追加料金無しで、30分以降は追加料金が1ユーロなど、加算されていきます。そのため安く乗る方法は、30分乗ったら、レンタル駐輪場を見つけ、別の自転車に乗り換え、「リセット」すること。パリはそれほど大きな街ではないので、30分あれば結構色々なところへ行ける気がします。

1667.jpg
(ガラガラのVélib'駐輪場)
 このレンタル駐輪場、市内のいたるところにあります。ただ場所によって、レンタル出来る自転車が全く無かったり、または駐輪できるスペースがなかったりして、近辺をウロウロする必要がありますが。ただ、慣れてくると移動に便利な足になります。

1666.jpg
(一通の大きな通り)
 この自転車を利用するのはもう数度目ですが、未だに慣れないのが一方通行。Vélib'があるということで、自転車は広まっているのですが、自転車専用道というのはドイツに比べると少ないです(パリは都会なので当たり前かもしれませんが)。そのため、バスと同じ車線を走ることになります。大きな通りは渋滞緩和ということで、一方通行。そのため、自転車でどこかへ向かう場合は、自分の行きたい方向と同じ進行方向の通りを探さなくてはいけないということです。私が滞在しているところから一番近い大きな通りは、通常私が行きたい方向と逆。別の通りを探して、進むことになります。ある程度、自分が滞在する近辺の通りは頭に入っていますが、車の進行方向までには頭に入っていません。若干ハラハラしながら、「あっ、曲がっても、行きたい方向と違う」と思うことが何度かありました。ただ、滞在した2日間は結構晴れていたので、自転車で散歩日和ではありました。
nice!(0)  コメント(1) 

Le sens de la fête (2017) [映画]

1669.jpg
 久々のフランス映画でした。パリで日曜の朝に見に行ったのですが、ご年配の人がたくさん見に来ていました。年配の人が好む映画なのかな、と思ってしまいましたが、そうでもなさそうでした。

 この映画に出ているこの俳優さんは、スイスのホストファミリーが好きでよく彼が出ている映画は見ていました。元パートナーの女優と組んで出ている映画はどれも結構面白くて私も好きでした。彼らが出る映画は、どの家庭にもありそうな「家族のちょっとしたもめ事」を描く作品が多い気がします。今回も(元パートナーは出ていませんが)期待してしまいました。まあまあ面白い映画ではあったのですが、「すごく面白い」と言えるものではありませんでした。軽い笑いの映画、と言ったらよいのでしょうか。

 主人公はブライダルプランナー/コーディネーター。彼がコーディネートする、とある結婚式の日を追う、という話です。日本同様、フランスの結婚式も色々な人の思惑が絡まり合い、「色々ある」行事のようです。まさにタイトルが意味するように「祝い事の意味」を考えさせられます。

 数えるほどしか結婚式には行ったことがありませんが、友達の結婚式はブライダルコーディネーターなどおらず、簡単なものが多かった気がします(学生婚が多いからでしょうか)。そのため、コーディネーターの仕事ぶりというのを間近で見たことがありません。この映画を見て、やっぱり華やかな場の裏で色々あるんだなあと思ってしまいました。調整力がかなり問われる職業だと思います。

 もちろん映画なので、結婚式の一日を追っただけでは話になりません。このコーディネーター自身、そして彼を取り巻くのも「色々ある」人達ばかり。もちろん誇張はしていると思いますが、フランスが舞台だからか、実際に居そうな人達ばかりでした。これがもし日本、ドイツ、アメリカなど違う国が舞台だったら、現実味がある登場人物ではなかったです。「ちょっと大げさだけど、フランスだったらこういう人居そう」とか、「こういう状況ありそう」と映画を見ながら思ってしまいました。
nice!(0)  コメント(1) 

Flixubs 後半 [旅’17]

 さて、バスの外に出て、代わりのバスの準備が整うのを待ちます。ようやくバスに乗り込むといざ出発。ドイツを抜けて、ベルギー、フランスと道中を進んで行きます。そして、次に向かったのがサービスエリア。労働規則として確立されているのだと思いますが、しっかり(運転手さん)40分の休憩。この時点で既に1時間遅れていましたが、40分しっかりサービスエリアで待機となりました。セキュリティーの関係ということで、この40分間、乗客はバスの外に出ていなくてはなりません。

1664.jpg
(座席はヨーロッパ人向けで広かったです。私の足の長さでは足かけに届かず)
 17時パリ到着予定でしたが、もちろん予定到着時刻に遅れて「パリ圏内」(厳密に言うと、パリではなく、パリ郊外のような場所です。ユーロディズニー、空港があるエリア)に到着。平日だったので、ちょうど帰宅ラッシュに重なってしまいました。結局、パリに到着したのは19時(2時間遅れでの到着)!9時間近くバスに乗っていたことになりました。多分人生で最長のバス乗車時間だった気がします。

 そして帰り。これも予想を裏切ることなく遅れました。パリはBercyというところにパスセンターのようなものがあり、そこで様々な長距離バスが発着していました。フランス国内はもちろん、ヨーロッパ各地に向かうバスがひっきりなしに到着していました。バスセンターというだけあって、50近いバス停留所がありました。が、バスの行き先と停留所番号を示すスクリーンが壊れていて、どこにどのバスが止まるのか全く分かりません(チケットにも書いておらず)。バスが到着する度に、バスに表示されている行き先を直接確認するという作業を行うことになりました。たくさんの人が行ったり、来たりするので、「帰省ラッシュの駅」のような感じでした。

1665.jpg
(パリのバスセンターに入ってくるバス)
 出発予定時刻は22時。が、22時を過ぎても、ドイツ行きのバスが見つかりません。「もしかして、逃してしまったのか」と心配になってきました。「遅れて当たり前」の感覚なのか、バスセンターでのアナウンスはもちろんありません(というか、窓口がもう既に閉まっていて担当者が誰も居ない)。結局、「遅れて当たり前」で30分後にはバスがやってきました。ようやくのことでバスに乗り込みます。

 行きは、結構空いていて、(座席指定がないため)一人で2席専用することが出来ました(2席2列の一般的なバスでした)。が、帰りの日曜はほぼ満席。あまりにすごい人で、「バスの席以上の予約を受け入れたのでは?」と思ったほどです。途中で乗ったり降りたりする人も居るので、理論上はそれも可能だと思いますが。なるべく寝やすい席が良いなあと思い、乗り込みました。

 一人旅のメリットというか、一人の席はチラホラ空いていました。キョロキョロ場所を探していると、東欧(多分ルーマニア等の国)からやってきている家族5人組のお母さんが手招きをして、(5人なので)空いている一席を私に譲ってくれました。これはラッキーと思い、男の子の隣に無事座ることが出来ました。私はなかなか寝られず、ぼーっと外を見ていると、隣の8歳ぐらいの男の子は熟睡。私の肩に寄りかかっていていました。起こすわけにいかない、と思い、なるべく動かないようにしていました。「動かないように」と思っていると、あまり深くは寝られませんでした。寝たり、目が覚めたりを繰り返している内に、寒いドイツに到着。1時間弱程度の遅れで、無事ドュッセルドルフに到着したのでした。家に帰って寝るのもなあと思い、その日はそのまま大学に行きました。が、体調が優れず、翌日は久しぶりに風邪を引き、寝込んでしまいました。

 と、初めてではありますが、長いFlixbusの旅でした。往復だけでしたが、もうしばらくはよいなあと思ってしまったバスでした。
nice!(0)  コメント(1) 

Flixbus 前半 [旅’17]

 このブログも少しずつ旅の記録に追いつこうと、記事を思い出しながら書いています。ようやくベルリンの旅も終わり、残すとこもアテネの旅のみ、と思っていると、次の旅に出発してしまいました。時系列が前後してしまいますが、記憶が新しいこの旅についてこれから書いていきたいと思います。

 6月からドイツに戻ってきて、バタバタ色々なところに行きましたが、全てが自分の研究関係。まだ第一稿ではありますが、博士論文の一つの章を書き終えたので、旅に出ることにしました。久々に「パリのおばあちゃん」のところへ行こうと思ったのでした。旅行の計画を立てたのは8月下旬。締め切りが9月下旬であろうと予想し、10月上旬を出発としたのでした。期日が近いこともあり、飛行機代はすでに高くなっており、新幹線(近くの駅からパリ直行の新幹線が出ている)はなぜか10月上旬運休。地方電車を乗り継いで行くことも考えました。が、遅延はもちろんキャンセルも多い、SNCF(フランス国鉄)とDB(ドイツ国鉄)を乗り継ぐという危険な組み合わせだったので、断念。久しぶりにバスで長旅をしてみようと思ったのでした。

1662.jpg
(トレードマークは緑の車体)
 ヨーロッパで最後にバスを利用したのは、5年前。EuroLinesという、ヨーロッパ各地、そして北アフリカ(モロッコ等)まで行ける、幅広い路線を持つバスを利用したのが最後。パリ−ボルドーを往復したのですが、行きは4時間遅れでの到着。今回はEuroLinesより更に安いと言われているFlixbusを利用。緑の車体がトレードマークで、ドイツの各地を走っています。パリとドュッセルドルフの往復47€。片道7時間、とのことでした。日本でも夜行バスに慣れているので大丈夫だろう、と思っての予約。東京−大阪間より若干短いぐらいだし、と軽い気持ちでの利用でした。結果から言うと、この決断を後悔し、ヨーロッパではもう二度と長距離バスに乗らない、と思ったほどでした。

 ドュッセルドルフ中央駅から歩いて5分ほどのところにあるバス停留所。色々な行き先のバスがひっきりなしに止まります。いくつかバス停が同じところにあるのですが、どのバス停にどこ行きのバスが止まるのか、いまいちよく分かりませんでした。停留所に入ってくるバスの行き先をいちいち確認しながら、自分のバスを探すことになりました。

1663.jpg
(自分で荷物を積むトランク)
 無事にバスを見つけると、自分で荷物をトランクに積んでいきます。私はこの時点で既に、若干イヤな予感。トランクの入り口は一つ。中はがらーんとしていて、自分で空いているところに荷物を入れていくだけ。つまり、行き先関係無くとにかく入れていく方式。日本だと行き先別に荷物を入れる場所が分かれているけど、これで大丈夫なんだろうか、と思ってしまいました。

 ドイツでいくつかの停留所を無事周り、いざフランスへ向けて出発となった時、バスはなぜかバスセンターのような場所へ。「車体に少し問題があるので、違うバスに乗り換えてください」というアナウンスが入り、バスの外に出されたのでした。
nice!(0)  コメント(1) 

DDR Museum [旅’17]

 10月3日は、ドイツで唯一の全国規模の国民休日です。クリスマスなどの宗教的な休みはもちろん全国規模ですが、「ドイツの」国民休日というと、この10月3日のみだとか。10月3日、それはドイツ統一記念日でした。もちろん、これは1990年の東西統一を指した日。本来であれば、ベルリンの壁が崩壊した11月9日が祝日になるべきなのかもしれませんが、1938年の同日、ユダヤ人への迫害暴動がドイツ各地で起きた日。そのため、ドイツが実際に法律の上で統一された1990年の10月3日を記念として、以降統一記念日となったようです(Chronik der Mauer、「壁の年表」というドイツのサイト等を見ながら調べてみました)。

1657.jpg
(元東ドイツ側のエリアにあった、この博物館の宣伝広告)
 さて、その統一前の東ドイツがどんな状態であったのかを紹介する「ドイツ民主共和国(東ドイツ)博物館」というものがベルリンにあったので、行ってきました。ベルリンに住むウクライナ人曰く、「子供時代、つまりソ連時代を思い出す場所」と言っていましたが、見てきて納得しました。

1658.jpg
 観光地のど真ん中にあるような博物館なので、歴史をたどるというよりは、当時、東ドイツの人がどんな生活をしていたのか、という当時の様子を振り返るような展示になっていました。以前の記事で紹介した、信号機はもちろん、「東ドイツの象徴」とも言われているTrabantという車の展示もありました。東ドイツで作られた車ということで、この車に乗った人が次々に国境を越え、西ドイツにやってくるというのは視覚的にも結構不思議なことだったのかもしれません。「壁を乗り越える」という意味で、イーストギャラリーにもこのTrabantが描かれた壁画がありました。

 特に印象的だったのは、子供達の幼稚園、小学校の時間割。幼稚園でも、毎時間ごとの時間割が決められていたようです。展示の説明によると、「(考える時間を与えない)とにかく集団行動に重視したカリキュラム」だったそうです。身に覚えのあるカリキュラムで、ちょっと不思議な感覚でした。

 と、色々な記事を間に挟みながら、数ヶ月間に渡るベルリンの記事でした。もう3ヶ月も経ってしまい、ずいぶんと昔のような気がしてしまいます。ようやく最後の記事まで書くことができたので、これをもってベルリン旅記録は最終回とします。
nice!(0)  コメント(0) 

Newsroom (2012) [映画]

1659.jpg
 日本でこのドラマのDVDが発売されていなかった(いない)ので、ヨーロッパに来た際、購入しました(ヨーロッパと日本のDVDのリージョンコードが一緒)。2012年に第3シーズンを最後にこのドラマは残念ながら終了してしまいました。

 2012年ということで、約5年前に作られたドラマを今見ているのですが、現在のアメリカの政治状況を見ると、このドラマのすごさが分かります。ニュースの現場が舞台のこのドラマに、「おかしなことを言っている政治家/活動家」というのが何人も登場しますが、今では、そういった人達が現在のアメリカの政治の中心になってしまいました。また、医療保険制度、債務上限(debt ceiling)引き上げ等、今でもアメリカのメディアで大きく議論されていることが、取り上げられています。そう考えると、製作陣はかなり先見の明がある人達なのか、と思います。製作者/脚本家が、私の好きなアーロン・ソーキンなので、納得でもあります。

 彼のドラマの特徴として、登場人物同士の速いやりとりというのがあります。英語字幕をつけて見ていたのですが、その字幕のスピードに追いつけないことも何度かありました。テンポ良く、また現実にあった出来事(2012年アメリカ大統領選等)を取り扱っているので、実際に記者達がどう対応したのか(理想的にどう対応したかったのか)というのをこのドラマで追うことができます。DVDには製作陣のコメント/解説付きエピソードというのも入っているので、現実にあった出来事とドラマをどう組み合わせたのかという裏話も聞けます。アメリカで実際に起こった出来事だけでなく、同じ日に世界ではどういうことがあったのか、ということを上手に組み合わせているということが、コメントを聞いているとよく分かります。例えば、実際に話題には上らなくても、当時の映像を、オフィスのモニターに映し出したりしていました。こういった部分は、指摘されないと気づかないぐらい細かい部分。そして、製作兼脚本家がほぼ、どの解説にも、登場するのですが、自身が書く脚本同様、彼の話すスピードも速いです。1つのエピソードで2度楽しめる、DVDならではの醍醐味です。
nice!(0)  コメント(1) 

今年の夏にはまったもの [食べ物]

1661.jpg
 夏になると、サラダをよく食べます。サラダと言っても、野菜を色々買ってきて、切って混ぜる簡単なものです。野菜が安いので、色々買ってきて、食べていました。色々試している中ではまったのが、写真のピクルスでした。

 ピクルスというと、ハンバーガーに入っているようなシナシナのイメージであまり好きではありませんでした。ただ(日本でも見かけたことがありますが)このドイツ産のピクルスはシャキシャキしていておいしかったです。酢のようなものにつけてあるので、すっぱく、ドレッシングの代わりというかサラダの味付けになりました。ドレッシングは自分で作るので、そのドレッシング/ソースに混ぜると良い酸味になりました。
nice!(0)  コメント(2) 

駅前 [今日の1枚]

 1660.jpg
 少し分かりづらいかもしれませんが、私の住む街の中央駅前です。工事中です。手前側は工事が終わったようで、少し道がキレイになりました。ただ、工事に相当時間がかかり(しかもどこを何のために工事しているのかよく分からない)、2車線道路は常に1車線潰れている状態です。駅前をきれいにする、とかいう計画で始まったようです。2年前に工事が終了している予定だったようですが、まだ続いています。

 自転車用の道があってないような状態なので、私はこの道を通りませんが、夏の間から今まであまり工事が進んだ状態ではないことを考えると、夏休み中はお休みだったのでしょうか(自分の国/実家に帰っていたのでしょう)。
nice!(0)  コメント(1) 

ドイツでの洗濯 [ドイツでの生活]

 よく、日本の家電製品はボタンや機能が多くて分かりづらい、と海外の友人から言われます。確かに、炊飯器には予約機能から、炊き方まで選べるし、レンジにはオーブンだけでなく「解凍」や「温め」機能などが付いています。洗濯機も、お風呂からのお湯取り、手洗い、色々なボタンが付いています。私が中野で住んでいたアパートにも古い洗濯機がありましたが、それでさえ、4つ以上機能が付いていました。

1652.jpg
(今使っている柔軟剤と洗剤。柔軟剤は色々な香りがあるので、毎回違うものを試しています。今使っているものはバニラの香りでお気に入り)
 日本の家電に比べると、ヨーロッパの家電はシンプルなものが多い気がしますが、例外は洗濯機。どこの国でも色々な機能、洗い方が付いていて、最初は結構戸惑います。ヨーロッパの洗濯機には、「エコ」機能が付いていて、「環境にも良いから」と使ってみたことがあるのですが、3時間近くかかりました。水を少なめに使うため、これだけ時間がかかるらしいのですが、電気代の方が「エコ」かどうかは分かりませんが。

1654.jpg
(最寄りのコインランドリー)
 ドイツで学生が住むようなアパートには、共同の(有料)洗濯機があります。今住んでいるアパートにもあるのですが、高いので近くのコインランドリーへ行っています。何台か、これまでに洗濯機を使ってきましたが、慣れるのにはかなり時間がかかりました。今では慣れてきましたが、悩むのは温度。「普通洗い」でも30度、60度、90度から選べます。90度なんて使う人がいるのか、と思いますが、消毒のために、使う人が居るようです。私が今使うのは30度。一度60度を使ったら、汚れは確かに落ちたけど、洋服の色も落ちてしまったので、今は一貫して30度です。

1655.jpg
 後、ドイツで洗濯の際に大切なのは、洗剤。写真では、左側の穴が柔軟剤、2本線が本洗いの洗剤、1本線が前洗い(Vorwasche)の洗剤を入れます。私は面倒なので、柔軟剤と本洗いの洗剤のみ。柔軟剤は一度入れ忘れたことがあったのですが、見事に洗濯物がゴワゴワになりました。以降、柔軟剤は忘れず、多めに入れるようにしています。

 柔軟剤無しでごわごわになったのは、ドイツの水が硬水だから。ヨーロッパは日本に比べると、特に硬水が多いと言われていますが、ドイツは特にそう。例えば北海道は、32mg/L(1L 当たりに入っているマグネシウム、カルシウムの量で硬度が分かります)。この数字が大きくなればなるほど、硬水に近くなっていきます。WHOの定義によると、硬水は120-180mg/L。ジュネーブが137mg/L、パリが200mg/L。私が住むDuisburgは約279mg/L。この違いは、水道水を飲むとはっきり分かります。ドイツに来た頃は、文字通り、「水が合いません」でした。今では慣れて、水道水が飲めるようになりましたが。

1653.jpg
(スーパーの洗濯洗剤関連の棚)
 硬水は、なかなか洗剤が解けなかったり、カルキが洗濯機内に出来たりするので、洗濯関連のコーナーは、ドイツでかなり充実しています。普通の洗剤も、色物、白物、ジーンズ用など、色々揃っています。ただ、唯一不便なのは、洗剤用の計量スプーンが付いていないこと。日本で、箱の洗濯洗剤を買うと必ずついてくる計量スプーンが、ドイツでは付いていません(少なくとも、袋に入っている洗剤を購入すると)。買うほどのことでもないかなあと思っていたのですが、やはり、直接袋から機械に入れると、入れすぎてしまうことも度々ありました。そのため、日本からその「洗剤用のスプーン」を今回しっかり持ってきたので、今では適量の洗剤を入れることが出来ます。
nice!(0)  コメント(2) 

飛行機、空港巡り 後半 [旅’17]

 飛行機が私の一番好きな乗り物であれば、好きな場所と言えば、空港かもしれません。圧倒的に、見送るより、見送られたり出発する場所として、空港へ行くことが多いので、私の中で、空港=旅、というイメージが強いです。今回は、印象に残っている空港について書いてみたいと思います。

1651.jpg
(新千歳空港でよく見かける光景)
 回数を数えたことがないので、あくまでも感覚としてですが、国内で一番利用が多く、馴染みがあるのは、新千歳空港。札幌に住み始めた頃から使っているし、東京に移ってからも、なんとなく「出発地点」みたいな位置付けです。小さい頃から、現在まで、この空港も工事が入って、色々変わりました。国際線ターミナルも出来たし、ショッピングセンターも新しく出来たりしましたが、基本的な部分というのは変わっていない気がします。あの大きな電子スクリーンがある場所は、今でも広場、という感じがします(広場の部分はどんどん狭くなってきていますが)。

1647.jpg
(「不思議な日本」が垣間見える成田空港出発ゲート)
 成田空港へ行った回数も、他の空港と比べると多いですが、あまり印象に残っている空港、という感じはしません。多分、国際線の発着というイメージが強く、成田から先の場所、目的地への期待が大きく、出発地の成田をあまり意識していないからかもしれません。何度も利用しているはずではあるのですが、地下、地上、それより上の階の感覚が私には少し分かりづらいです。そのため、エレベーターに乗ると、目的の階と違うところでいつも降りてしまいます。

1650.jpg
(不思議なモニュメントが印象的なアブダビ空港)
 ヨーロッパで、利用回数が多い空港というのは、いくつかあるのですが、意外にトランジットで何度か利用している空港というのもあります。アブダビ空港です。一人で空港から出る勇気もないので、いつも、この空港では待つだけ。エティハド航空のハブ空港で、ヨーロッパからアブダビ、アブダビから日本という行き来で使っていました。ただ、トランジットなので、入管もなく、手荷物チェックもないので、かなり時間に余裕があります。最長で10時間、この空港で待ったことがあります。時差で眠いので、うっつら、うっつらしながら、時間の経過を待つという感じでした。

 トランジットで利用されることが多いこの空港、色々な人が、居ます。もちろん、空港という性質上、どの空港にも「色々な国からの人」が居ますが、その空港がある国からの出身が多くなるのは事実。しかし、アブダビ空港は現地の人らしき人だけでなく、ヨーロッパ、アジア、北米、南米、と様々な地域からの人が、「まんべんなく」居る感じがします。

1644.jpg
(私の現在のベース空港、デュッセルドルフ空港内)
 この記事を書くにあたり、ヨーロッパではどの空港を多く利用したのか数えてみたのですが、滞在1年ちょっとにして、現在最寄りのドュッセルドルフ空港となりました。2年滞在したジュネーブでは、空港を利用することが一度ありませんでした。2年前まで、ジュネーブ空港に行ったことさえありませんでした。小さい街なので、市内からのアクセスはかなり良いので便利なのですが。

 ドュッセルドルフ空港は、電車で20分ほどなので、便利です。国際線も多く発着する空港ではありますが、意外とコンパクトにまとまっているので、空港内で迷うことはほとんどありません。個人的には利用しやすい空港の一つだと思っています。ただ、私が住む場所からのアクセスは電車のみ。地方電車なので、遅れたりすることも多々あり、電車の心配がつきまとうのが悩みの一つかもしれません(だから早めに出るようにしています)。

1649.jpg
(天井の形が印象的なシャルル・ド・ゴール空港)
 パリのシャルル・ド・ゴール空港も、利用回数が多く、印象に結構残っています。建築物の観点からいうと、不思議な形をターミナルだと思います。形のせいか、ゲートが集まっている部分はなぜか天井が少し低く感じます。

 と、私の好きな場所である空港について書いてみました。今のところ、近い予定で飛行機を利用する機会はありませんが、今後、どんな空港を発見していくのか楽しみです。
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -